ホーム > 81番~90番, さ行の作者 > 寂連法師(じゃくれんほうし)


寂連法師(じゃくれんほうし)

寂連法師(じゃくれんほうし)の画像

小倉百人一首 087番

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ

▼音声

読み
むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに
きりたちのぼる あきのゆうぐれ


現代語訳

にわか雨の後、露もまだ乾かない木の葉に混じって、ほの白い霧が這い登ってくる、秋の夕暮れ。

解釈

秋の夕暮れの静かさを詠んだ歌


作者とプロフィール

名前:寂連法師(じゃくれんほうし)
性別:男性
生没年:?~1202年
藤原俊海の子で、名前が藤原定長です。
父の兄にあたる人に養子に入りましたが、養父に実子が生まれたため、23歳で出家しました。
六百番歌合で、六条家の藤原顕昭と論争し、対立した逸話は有名です。
「古今和歌集」の選者の一人ですが、完成を待たずに亡くなりました。

雑学・豆知識

「五十首歌奉りしとき」の詞書です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

謙徳公(けんとくこう)

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

周防内侍(すおうのないし)

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

天智天皇(てんじてんのう)

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

三条院(さんじょうのいん)

(上)
心にも あらでうき世に ながらへば

(下)
恋しかるべき 夜半の月かな