ホーム > 11番~20番, あ行の作者 > 在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)


在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)の画像

小倉百人一首 017番

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

▼音声

読み
ちはやぶるかみよもきかずたつたがわ
からくれなゐにみずくくるとは


現代語訳

不思議な事が沢山あった神代の昔でさえも、このような紅葉で赤く染まった竜田川を見ることなんてなかったでしょうね。

解釈

秋の風景を詠んだ歌


作者とプロフィール

名前:在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)
性別:男性
生没年:825~880年
中納言行平の弟。
美女代表の小町と並ぶ、美男代表といわれています。
伊勢物語の主人公「男」のモデルでもありました。

雑学・豆知識

この歌の中にでている竜田川は、リアルな景色を見たものではなく、屏風に描かれている竜田川の紅葉を見て詠んだものだといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

曽禰好忠(そねのよしただ)

(上)
由良のとを 渡る船人 かじをたえ

(下)
行くえも知らぬ 恋の道かな

周防内侍(すおうのないし)

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)

(上)
心あてに 折らばや折らむ 初霜の

(下)
置きまどわせる 白菊の花