ホーム > 1番~10番, さ行の作者 > 持統天皇(じとうてんのう)


持統天皇(じとうてんのう)

持統天皇(じとうてんのう)の画像

小倉百人一首 002番

(上)
春すぎて 夏来にけらし 白たへの

(下)
衣ほすてふ 天のかぐ山

▼音声

読み
はるすぎて なつきにけらし しろたへの
ころもほすてふ あまのかぐやま


現代語訳

春は早くも過ぎていき、夏が訪れたようだ。
衣替えを思わす白い布が向こうに見える香具山でひるがえっているよ。

解釈

夏を感じさせる自然的な景色を描いた歌。


作者とプロフィール

名前:持統天皇(じとうてんのう)
性別:女性
生没年:645~702年
第41代天皇で、天智天皇の娘であり天武天皇の皇后です。

雑学・豆知識

香具山には神様がいると伝えられており、この神は衣を濡らして言葉の真偽を確かめたと言われていました。
その伝説をふまえて、持統天皇は歌ったのかもしれません。
また、夏を迎える準備を見て歌ったのではなく、実は冬物をしまう時の虫干しなのではないかという説もあるようです。

天香具山(あまのかぐやま、あめのかぐやま)は、奈良県橿原市にあります。

[map_tb:奈良県橿原市下八釣町]


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

周防内侍(すおうのないし)

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

春道列樹(はるみちのつらき)

(上)
山川に 風のかけたる しがらみは

(下)
流れもあへぬ 紅葉なりけり

皇嘉門院別当(こうかもんいんのべっとう)

(上)
難波江の 葦のかりねの ひとよゆゑ

(下)
みをつくしてや 恋ひわたるべき

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ