ホーム > 11番~20番, か行の作者 > 光孝天皇(こうこうてんのう)


光孝天皇(こうこうてんのう)

光孝天皇(こうこうてんのう)の画像

小倉百人一首 015番

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ

▼音声

読み
きみがため はるののにいでて わかなつむ
わがころもでに ゆきはふりつつ


現代語訳

貴方のためにと、春先の野にむかい春の七草を摘み取とっていたら、袖先に雪が舞い降りてきましたよ。

解釈

春の訪れと、献身的な優しさの歌


作者とプロフィール

名前:光孝天皇(こうこうてんのう)
性別:男性
生没年:830~978年
第58代天皇で、仁明天皇の皇子。
在位は4年。
芸術を理解し、文学を好んだ聡明な人だったようです。

雑学・豆知識

歌の中に出てくる若菜とは、せりやなずななどの、いわゆる春の七草だったようです。
暖かい汁物にして食べると、邪気を払うとされていました。
光孝天皇がまだ親王の頃に詠まれた歌で、若草を送った相手は分かっていません。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

天智天皇(てんじてんのう)

(上)
秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

(下)
わが衣手は 露にぬれつつ

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ