ホーム > 61番~70番, さ行の作者 > 清少納言(せいしょうなごん)


清少納言(せいしょうなごん)

清少納言(せいしょうなごん)の画像

小倉百人一首 062番

(上)
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも

(下)
よに逢坂の 関はゆるさじ

▼音声

読み
よをこめて とりのそらねは はかるとも
よにおうさかの せきはゆるさじ


現代語訳

まだ夜が明けないうちに、鶏の声真似で騙そうとしていても、あなたに逢う事はありませんよ。

解釈

夜明け前に帰った男に対して、仕返しの歌


作者とプロフィール

名前:清少納言(せいしょうなごん)
性別:女性
生没年:不詳
肥後守清原元輔の子で、かの有名な「枕草子」の作者です。

雑学・豆知識

朝方に「物忌み期間だから」とすぐに帰ってしまった藤原行成が、「鶏の声にせかされて帰った」という言い訳の歌を贈ったのに対し、
騙されませんよという意味を込めて返した歌です。
この歌を藤原行成が受け取った時に、いい歌だと人に見せて回り、宮中で賞賛されました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

二条院讃岐(にじょういんのさぬき)

(上)
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の

(下)
人こそ知らね 乾くまもなし

式子内親王(しょくしないしんのう)

(上)
玉のをよ たえなばたえね ながらへば

(下)
忍ぶることの 弱りもぞする