ホーム > 51番~60番, は行の作者 > 藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)


藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)の画像

小倉百人一首 052番

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな

▼音声

読み
あけぬれば くるるものとは しりながら
なおうらめしき あさぼらけかな


現代語訳

夜が明けてもやがて日が暮れて、また貴方と会うことが出来ると知ってはいても、それでもやはり恨めしい夜明けですね。

解釈

逢えると知りながらも別れる辛さを綴った歌


作者とプロフィール

名前:藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)
性別:男性
生没年:972~994年
太政大臣藤原為光の子で、藤原兼家の養子です。
和歌の才能がありましたが、23歳の若さで亡くなりました。

雑学・豆知識

この時代の男女関係の風習は、夜は女性の部屋に泊まっていても、明け方には男性は帰らなければいけませんでした。
共に一夜を過ごした後、別れる朝の事を「後朝」と呼び、その後女性に歌を贈るというならわしがありました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

道因法師(どういんほうし)

(上)
思ひわび さてもいのちは あるものを

(下)
憂きにたへぬは 涙なりけり

崇徳院(すとくいん)

(上)
瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の

(下)
われても末に あはむとぞ思う

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

紀貫之(きのつらゆき)

(上)
人はいさ 心も知らず ふるさとは

(下)
花ぞ昔の 香ににほひける