ホーム > 1番~10番, さ行の作者 > 蝉丸(せみまる)


蝉丸(せみまる)

蝉丸(せみまる)の画像

小倉百人一首 010番

(上)
これやこの 行くも帰るも わかれては

(下)
しるもしらぬも 逢坂の関

▼音声

読み
これやこの ゆくもかへるも わかれては
しるもしらぬも あふさかのせき


現代語訳

これがあの、行く人も帰る人も、知っている人も知らない人も、別れてはまた逢うという逢坂の関なのですよ。

解釈

地元に住む人が、関での行きかう人の事を表現した歌


作者とプロフィール

名前:蝉丸(せみまる)
性別:男性
生没年:未詳
生涯については確かな事は伝えられておらず、伝説上の人物ではないかといわれています。

雑学・豆知識

逢坂の関とは、現在の京都府と滋賀県との県境辺りになります。
リズミカルに詠める事と、蝉丸という名前、そして謎が多い所から、どの世代にも好まれている歌のようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原義孝(ふじわらのよしたか)

(上)
君がため 惜しからざりし 命さえ

(下)
長くもがなと 思いけるかな

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

伊勢(いせ)

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

素性法師(そせいほうし)

(上)
いま来むと 言ひしばかりに 長月の

(下)
有明の月を 待ちいでつるかな