ホーム > 71番~80番, た行の作者 > 待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)


待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)の画像

小倉百人一首 080番

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ

▼音声

読み
ながからん こころもしらず くろかみを
みだれてけさは ものをこそおもえ


現代語訳

末永く心は変わることがないといいますが、人の心は移りやすいので、黒髪が寝乱れるように、私の心も乱れています。

解釈

初めて一夜を共にした朝の不安な思いの歌


作者とプロフィール

名前:待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)
性別:女性
生没年:不詳
源顕仲の娘で、姉妹も有名な歌人です。
藤原忠通女房堀川と 同一人物ではないかという説がありましたが、現在では別人と考えられています。
待賢門院と通じ、西行とも親交があったようです。

雑学・豆知識

恋をテーマにした歌で、後朝の返歌として作られました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

権中納言匡房(ごんちゅうなごんまさふさ)

(上)
高砂の をのへの桜 咲きにけり

(下)
外山のかすみ 立たずもあらなむ

周防内侍(すおうのないし)

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな