ホーム > 91番~100番, か行の作者 > 後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)


後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)

後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)の画像

小倉百人一首 091番

(上)
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに

(下)
衣かたしき ひとりかも寝む

▼音声

読み
きりぎりす なくやしもよの さむしろに
ころもかたしき ひとりかもねん


現代語訳

こおろぎが鳴く、霜が降りる寒い夜に、むしろの上の片方だけに袖を敷いて、私は一人寂しく寝るのだろうか。

解釈

寒い夜の一人寝の寂しさの歌


作者とプロフィール

名前:後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)
性別:男性
生没年:1196~1206年
関白藤原兼実の子で、名前が藤原良経、または九条良経ともいわれています。
父の失脚により、一度出世の道から外れますが、その後太政大臣となりました。
和歌・漢詩の両方の才能がありましたが、38歳で急死した事から、暗殺という説もあるようです。

雑学・豆知識

歌の中の「きりぎりす」とは、現在のこおろぎの事を指します。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

相模(さがみ)

(上)
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを

(下)
恋にくちなむ 名こそ惜しけれ

大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)

(上)
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃えて

(下)
昼は消えつつ ものをこそ思へ

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

(上)
忘れじの 行く末までは かたければ

(下)
今日かぎりの 命ともがな

鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)

(上)
世の中は つねにもがもな 渚こぐ

(下)
あまの小舟の 綱手かなしも

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ