ホーム > 71番~80番, ま行の作者 > 源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)


源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)

源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)の画像

小倉百人一首 074番

(上)
憂かりける 人を初瀬の 山おろしよ

(下)
はげしかれとは 祈らぬものを

▼音声

読み
うかりける ひとをはつせの やまおろしよ
はげしかれとは いのらぬものを


現代語訳

つれない人が振り向いてくれるように願いを掛けたはずなのに、山から吹き降ろしてくる風のように冷たくなるばかりです。
そんな風になれと、願ってはいないのに。

解釈

冷たい人に願掛けをしたけれど叶わなかった歌


作者とプロフィール

名前:源俊頼朝臣(みなもとのとしよりのあそん)
性別:男性
生没年:1055~1129年
源経信の子にあたり、当時の歌の世界で新風を巻き起こしたと言われる人物です。
「金葉秀」の撰集も行いました。

雑学・豆知識

権中納言俊忠の家で、「祈れど不逢恋といへる心」を題にして詠われた歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

恵慶法師(えぎょうほうし)

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶしゅんぜい)

(上)
世の中よ 道こそなけれ 思ひける

(下)
山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

光孝天皇(こうこうてんのう)

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ

河原左大臣(かわらのさだいじん)

(上)
みちのくの しのぶもぢずり たれ故に

(下)
乱れそめにし われならなくに