ホーム > 1番~10番, あ行の作者 > 小野小町(おののこまち)


小野小町(おののこまち)

小野小町(おののこまち)の画像

小倉百人一首 009番

(上)
花の色は 移りにけりな いたづらに

(下)
わが身世にふる ながめせし間に

▼音声

読み
はなのいろは うつりにけりな いたづらに
わがみよにふる ながめせしまに


現代語訳

長雨が続く間、ぼうっとしているといつの間にかお気に入りの桜の花がかなり色あせてしまっている。
この桜のように私の身もこうなってしまうのでしょうか。

解釈

春の花と女性の心を掛け合わせた歌


作者とプロフィール

名前:小野小町(おののこまち)
性別:女性
生没年:未詳
小野良貞の娘。
日本では三大美人の1人とされ、絶世の美女であったととても有名な女性。
数多くの伝説が存在しています。

雑学・豆知識

古今集以前には花=梅でしたが、小野小町の時代には花=桜と変わったようです。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

貞信公(ていしんこう)

(上)
小倉山 峰のもみぢ葉 こころあらば

(下)
今ひとたびの みゆき待たなむ

紫式部(むらさきしきぶ)

(上)
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに

(下)
雲がくれにし 夜半の月かな

大弐三位(だいにのさんみ)

(上)
ありま山 ゐなの笹原 風吹けば

(下)
いでそよ人を 忘れやはする

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな