ホーム > 81番~90番, さ行の作者 > 俊恵法師(しゅんえほうし)


俊恵法師(しゅんえほうし)

俊恵法師(しゅんえほうし)の画像

小倉百人一首 085番

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

▼音声

読み
よもすがら ものおもうころは あけやらで
ねやのひまさえ つれなかりけり


現代語訳

つれない貴方を想う夜は、寝室の隙間さえもそっけなく感じとれるほど、朝の光がなかなか刺し込んできません。

解釈

来てくれない男を恨めしく思う歌


作者とプロフィール

名前:俊恵法師(しゅんえほうし)
性別:男性
生没年:1113~?年
源俊頼の子で、本名は不明ですが、祖父・父・本人と三代に渡って百人一首に載っています。
10歳の時に父が亡くなり、その前後に出家しました。
自分の家を「歌林宛」と名づけ、身分を問わない自由な歌会を催して楽しみました。

雑学・豆知識

俊恵法師が、「恋の歌とて詠める」の題で、女性の立場として詠った歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

坂上是則(さかのうえのこれのり)

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに