ホーム > 31番~40番, さ行の作者 > 坂上是則(さかのうえのこれのり)


坂上是則(さかのうえのこれのり)

坂上是則(さかのうえのこれのり)の画像

小倉百人一首 031番

(上)
朝ぼらけ 有明の月と みるまでに

(下)
吉野の里に ふれる白雪

▼音声

読み
あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに
よしののさとに ふれるしらゆき


現代語訳

夜が明ける頃に、有明の月かと思うほど明るく感じるのは、月光と見まごうほど吉野の里に振っている白雪のせいだろうか。

解釈

雪のもつ寒さや静けさをえがいた冬の歌


作者とプロフィール

名前:坂上是則(さかのうえのこれのり)
性別:男性
生没年:不詳
坂上田村麻呂の子孫で、和歌の行事には、殆ど出席をしたという、有名な歌人です。
また、蹴鞠の名手であり、褒美に絹を賜ったという経歴もあります。

雑学・豆知識

坂上是則が役人として吉野に出かけた際に、宇多天皇に雪の美しさを伝えようと詠った歌だといわれています。
当時の都人は、吉野にとても寒いというイメージをもっていたようで、吉野と雪を取り上げた歌は数多く残されています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

山部赤人(やまべのあかひと)

(上)
田子の浦に うち出でてみれば 白妙の

(下)
富士の高嶺に 雪は降りつつ

良暹法師(りょうぜんほうし)

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)

(上)
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら

(下)
なほうらめしき 朝ぼらけかな