ホーム > 51番~60番, あ行の作者 > 赤染衛門(あかぞめえもん)


赤染衛門(あかぞめえもん)

赤染衛門(あかぞめえもん)の画像

小倉百人一首 059番

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな

▼音声

読み
やすらわで ねなましものを さよふけて
かたぶくまでの つきをみしかな


現代語訳

約束がなかったのなら、すぐに寝てしまったのに、来ると言った言葉を信じて待っていたら、月が西に傾くのを見てしまいました。

解釈

約束を破られたのを嘆く歌


作者とプロフィール

名前:赤染衛門(あかぞめえもん)
性別:女性
生没年:不詳
赤染時用の子で、和泉式部や清少納言らとも交際がありました。
紫式部さえも、赤染衛門の歌と性格を日記で褒めています。

雑学・豆知識

この歌は、同朋の馬内侍の相手が約束を破ったのを、同僚の赤染衛門が変わりに詠った歌だといわれていますが、両名とも名高い女流歌人である為、
違うのではないかという説もあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

俊恵法師(しゅんえほうし)

(上)
夜もすがら 物思ふころは 明けやらで

(下)
閨のひまさへ つれなかりけり

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

殷富門院大輔(いんぶもんいんのたいふ)

(上)
見せやばな 雄島のあまの 袖だにも

(下)
濡れにぞ濡れし 色は変はらず

謙徳公(けんとくこう)

(上)
あわれとも いふべき人は 思ほえで

(下)
身のいたづらに なりぬべきかな

寂連法師(じゃくれんほうし)

(上)
村雨の 露もまだひぬ まきの葉に

(下)
霧たちのぼる 秋の夕暮れ

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど