ホーム > 61番~70番, ら行の作者 > 良暹法師(りょうぜんほうし)


良暹法師(りょうぜんほうし)

良暹法師(りょうぜんほうし)の画像

小倉百人一首 070番

(上)
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば

(下)
いづこも同じ 秋の夕暮れ

▼音声

読み
さびしさに やどをたちいでて ながむれば
いずこもおなじ あきのゆうぐれ


現代語訳

寂しく感じて宿の外に出てみたけれど、どこを見ても同じ秋の夕暮れでした。

解釈

秋の夕暮れの寂しさを詠った歌


作者とプロフィール

名前:良暹法師(りょうぜんほうし)
性別:男性
生没年:不詳
出生や生没年、経歴など、詳しいことが不明な人物で、68歳頃に亡くなったのではないかといわれています。
歌も独学で学んだのではないかと言われているようです。

雑学・豆知識

歌の中の「宿」とは、現在の宿とは違い、自分の家や我が家の事を指します。
逆に、現在でいうところの「宿」を指すときは、旅篭などと呼ばれていました。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

陽成院(ようぜいいん)

(上)
筑波嶺の みねより落つる みなの川

(下)
恋ぞつもりて 淵となりぬる

参議雅経(さんぎまさつね)

(上)
み吉野の 山の秋風 さ夜ふけて

(下)
ふるさと寒く 衣うつなり

鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)

(上)
世の中は つねにもがもな 渚こぐ

(下)
あまの小舟の 綱手かなしも

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖

西行法師(さいぎょうほうし)

(上)
嘆けとて 月やは物を 思はする

(下)
かこち顔なる わが涙かな

入道前太政大臣(にゅうどうさきのだいじょうだいじん)

(上)
花さそふ 嵐の庭の 雪ならで

(下)
ふりゆくものは わが身なりけり