ホーム > 51番~60番, か行の作者 > 小式部内侍(こしきぶのないし)


小式部内侍(こしきぶのないし)

小式部内侍(こしきぶのないし)の画像

小倉百人一首 060番

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

▼音声

読み
おおえやま いくののみちの とおければ
まだふみもみず あまのはしだて


現代語訳

大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ天の橋立を踏んだこともなく、母からの文も見ていませんよ。

解釈

母からの手紙をまだ受け取ってないという歌


作者とプロフィール

名前:小式部内侍(こしきぶのないし)
性別:女性
生没年:?~1025年
和泉式部の子で、才色兼備の女性でした。
関白藤原教通、藤原頼宗などに愛され、藤原公成の子を産んで亡くなりました。

雑学・豆知識

若くから歌の才能があったばかりに、母の和泉式部が代作しているのではないかと噂があり、そのことを藤原定頼がからかった際に、切り返した歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

陽成院(ようぜいいん)

(上)
筑波嶺の みねより落つる みなの川

(下)
恋ぞつもりて 淵となりぬる

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ)

(上)
逢うことの 絶えてしなくは なかなかに

(下)
人をも身をも 恨みざらまし

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

喜撰法師(きせんほうし)

(上)
わが庵は 都のたつみ しかぞすむ

(下)
世をうぢ山と ひとはいふなり

赤染衛門(あかぞめえもん)

(上)
やすらはで 寝なましものを さ夜更けて

(下)
かたぶくまでの 月を見しかな