ホーム > 41番~50番, あ行の作者 > 恵慶法師(えぎょうほうし)


恵慶法師(えぎょうほうし)

恵慶法師(えぎょうほうし)の画像

小倉百人一首 047番

(上)
八重葎 しげれる宿の さびしきに

(下)
人こそ見えね 秋は来にけり

▼音声

読み
やえむぐら しげれるやどの さびしきに
ひとこそみえね あきはきにけり


現代語訳

幾重にも重なったつる草が囲む家に訪れる人はいないが、秋だけは相変わらずやってくる。

解釈

秋が来るという歌


作者とプロフィール

名前:恵慶法師(えぎょうほうし)
性別:男性
生没年:不詳
兵庫の国分寺講師を務めた人物ですが、俗姓や系譜、生没年など詳しいことは不明の人物です。
幅広い貴族達との付き合いがあったようです。

雑学・豆知識

八重むぐらとは、つる科の雑草の総称です。
この歌は秋の歌ですが、本来、八重むぐらは夏の季語として使用されることが多いです。
「河原院」という豪華で有名な屋敷が、荒れ果てた姿を見て哀れに思い、詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ)

(上)
みかの原 わきて流るる いづみ川

(下)
いつみきとてか 恋しかるらむ

権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)

(上)
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに

(下)
焼くやもしほの 身もこがれつつ

左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ)

(上)
秋風に たびなく雲の たえ間より

(下)
もれ出づる月の かげのさやけさ

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

待賢門院堀川(たいけんもんいんのほりかわ)

(上)
長からむ 心も知らず 黒髪の

(下)
乱れてけさは 物をこそ思へ

前大僧正行尊(さきのだいそうじょうぎょうそん)

(上)
もろともに あはれと思へ 山桜

(下)
花よりほかに 知る人もなし