ホーム > 11番~20番, あ行の作者 > 伊勢(いせ)


伊勢(いせ)

伊勢(いせ)の画像

小倉百人一首 019番

(上)
難波潟 みじかき芦の ふしの間も

(下)
逢はでこの世を すぐしてよとや

▼音声

読み
なにはがた みじかきあしの ふしのまも
あはでこのよを すぐしてよとや


現代語訳

難波潟に生い茂る芦の短い節目のような短い間でさえも、貴方は逢ってくれないのですか。
逢えないままこの世からいなくなるしかないのでしょうね。

解釈

逢えない辛さを綴った恋の歌


作者とプロフィール

名前:伊勢(いせ)
性別:女性
生没年:877~938年
藤原継蔭の娘。
三十六歌仙の1人。
恋多き女性で、波乱万丈な人生を送りました。

雑学・豆知識

伊勢は恋人が多く、この歌を送ったはっきりとした相手が特定できません。
若き日の藤原仲平ではないかという説が有力だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

右近(うこん)

(上)
忘れらるる 身をば思わず 誓いてし

(下)
人の命の 惜しくもあるかな

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

(上)
住の江の 岸に寄る波 よるさへや

(下)
夢の通ひ路 人目よくらむ

清原深養父(きよはらのふかやぶ)

(上)
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを

(下)
雲のいずこに 月やどるらむ

参議等(さんぎひとし)

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

光孝天皇(こうこうてんのう)

(上)
君がため 春の野に出でて 若菜つむ

(下)
わが衣手に 雪は振りつつ