ホーム > 91番~100番, さ行の作者 > 前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)


前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)の画像

小倉百人一首 095番

(上)
おほけなく うき世の民に おほふかな

(下)
わが立つ杣に すみぞめの袖

▼音声

読み
おおけなく うきよのたみに おおうかな
わがたつそまに すみぞめのそで


現代語訳

身分不相応にも、私はつらいこの世を生きる人のために、仏の公徳によって人の幸せを祈っています。
比叡の山に法の師として住み始めた、私の黒染めの衣の袖をおおうように。

解釈

世の人々の為に幸せを祈ろうという決意を表した歌


作者とプロフィール

名前:前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)
性別:男性
生没年:1155~1225年
関白藤原忠道の子で、天台宗の僧です。
また、後鳥羽上皇の倒幕の企てを批判している「愚管抄」の作者です。

雑学・豆知識

前大僧正慈円が若い修行時代だった頃、山にこもり自分だけの為に修行に明け暮れるか、それとも人と交わり人の救済を目指すかの、人生の岐路で迷っている時に、決意を込めて詠った歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

左京大夫道雅(さきょうだいぶみちまさ)

(上)
今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを

(下)
人づてならで 言ふよしもがな

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)

(上)
逢いみての のちの心にくらぶれば

(下)
昔はものを 思わざりけり

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

源兼昌(みなもとのかねまさ)

(上)
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に

(下)
幾夜ねざめぬ 須磨の関守

藤原興風(ふじわらのおきかぜ)

(上)
誰をかも 知る人にせむ 高砂の

(下)
松も昔の 友ならなくに