ホーム > 51番~60番, あ行の作者 > 右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)


右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)

右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)の画像

小倉百人一首 053番

(上)
嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くるまは

(下)
いかに久しき ものとかは知る

▼音声

読み
なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは
いかにひさしき ものとかはしる


現代語訳

嘆きながら一人で寝る時、夜が明けるまでの時間が長いことを、貴方は知っているのでしょうか?
いや、知らないのでしょうね。

解釈

一人で寝る夜の辛さを詠った歌


作者とプロフィール

名前:右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは)
性別:女性
生没年:937~995年
伊勢守藤原倫寧の子。
藤原兼家の側室で、結婚生活を描いた「蜻蛉日記」の著者です。

雑学・豆知識

藤原兼家が、他の女性の所へ通うばかりで、作者の元へやってこない時期がありました。
久しぶりに訪れた藤原兼家を、暫く門の前で待たせて、その間に詠んで贈った歌だといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

源宗于朝臣(みなもとのむねゆきのあそん)

(上)
山里は 冬ぞさびしさ まさりける

(下)
人目も草も かれぬと思へば

猿丸大夫(さるまるたゆう)

(上)
奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の

(下)
声きくときぞ 秋はかなしき

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける

後鳥羽院(ごとばのいん)

(上)
人も惜し 人も恨めし あぢきなく

(下)
世を思ふゆゑに 物思ふ身は

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは