ホーム > 81番~90番, は行の作者 > 藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)


藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)

藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)の画像

小倉百人一首 084番

(上)
ながらへば またこのごろや しのばれむ

(下)
憂しと見し世ぞ 今は恋しき

▼音声

読み
ながらえば またこのごろや しのばれん
うしとみしよぞ いまはこいしき


現代語訳

もしこの世に長く生きていけるなら、今起こっている辛いことも懐かしく感じられるのでしょうか?
辛いと感じた過去さえも、今では恋しいのですから。

解釈

つらく悲しい現実を乗り越えるための歌


作者とプロフィール

名前:藤原清輔朝臣(ふじわらのきよすけのあそん)
性別:男性
生没年:1104~1177年
藤原顕輔の子ですが、顕輔に疎外されたせいで官位には恵まれませんでしたが、歌学者で、生存中は俊成をしのぎ、歌壇の第一人者でもありました。
また、「袋草紙」の著者でもあります。

雑学・豆知識

作者が何歳の時に詠んだ歌なのかは、多数の説がありますが、30歳説が現在一番信憑性があるといわれています。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

壬生忠見(みぶのただみ)

(上)
恋すてふ  わが名はまだき 立ちにけり

(下)
人知れずこそ 思ひそめしか

紀友則(きのとものり)

(上)
ひさかたの 光のどけき 春の日に

(下)
静心なく 花の散るらむ

順徳院(じゅんとくいん)

(上)
百敷や ふるき軒端の しのぶにも

(下)
なほあまりある 昔なりけり

相模(さがみ)

(上)
恨みわび ほさぬ袖だに あるものを

(下)
恋にくちなむ 名こそ惜しけれ

文屋朝康(ふんやのあさやす)

(上)
白露に 風の吹きしく 秋の野は

(下)
つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

従二位家隆(じゅにいいえたか)

(上)
風そよぐ ならの小川の 夕暮れは

(下)
みそぎぞ夏の しるしなりける