ホーム > 31番~40番, さ行の作者 > 参議等(さんぎひとし)


参議等(さんぎひとし)

参議等(さんぎひとし)の画像

小倉百人一首 039番

(上)
浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど

(下)
あまりてなどか 人の恋しき

▼音声

読み
あさじゅうの おののしのはら しのぶれど
あまりてなどか ひとのこいしき


現代語訳

丈が短い小野の篠原の浅芽ではないですが、忍ぶ恋を我慢していたけれど、どうしてこんなにもあの方が恋しいのでしょうか。

解釈

堪えきれない恋の歌


作者とプロフィール

名前:参議等(さんぎひとし)
性別:男性
生没年:880~951年
中納言源希の子で、947年には参議になるまで出世しましたが、歌人としての経歴は不明な点が多く、残っている歌も4首しかないようです。

雑学・豆知識

歌の中に出てくる浅茅とは、現代のチガヤの事を指します。
チガヤのつぼみは食べることができ、ほのかな甘みがあります。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

大江千里(おおえのちさと)

(上)
月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ

(下)
わが身一つの 秋にはあらねど

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

三条右大臣(さんじょうのうだいじん)

(上)
名にし負はば 逢坂山の さねかづら

(下)
人に知られで くるよしもがな

安部仲麿(あべのなかまろ)

(上)天の原 ふりさけ見れば 春日なる

(下)三笠の山に 出でし月かも

清原元輔(きよはらのもとすけ)

(上)
契りきな かたみに袖を しぼりつつ

(下)
末の松山 波越さじとは

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは