ホーム > 61番~70番, さ行の作者 > 周防内侍(すおうのないし)


周防内侍(すおうのないし)

周防内侍(すおうのないし)の画像

小倉百人一首 067番

(上)
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に

(下)
かひなく立たむ 名こそ惜しけれ

▼音声

読み
はるのよの ゆめばかりなる たまくらに
かいなくたたん なこそおしけれ


現代語訳

春の夜のように、短い時の腕枕のせいで、二人の仲を怪しむような噂が流れてしまったら、とても悔しく思いませんか?

解釈

安易な戯れを拒む歌


作者とプロフィール

名前:周防内侍(すおうのないし)
性別:女性
生没年:不詳
平棟仲の子で、名前は平棟子といい、病気の為出家しました。
「栄華物語」末巻の作者ではないかといわれていますが、詳しいことはわかっていません。

雑学・豆知識

皆で夜語りをしていた際に、枕が欲しいと言った周防内侍に、藤原忠家が腕枕をしてあげようかと言ってきた際、断りの歌として詠んだ歌です。


Amazon、楽天で百人一首商品をチェック

amazonで見る 楽天で見る

 

百人一首ピックアップ

小式部内侍(こしきぶのないし)

(上)
大江山 いく野の道の 遠ければ

(下)
まだふみも見ず 天の橋立

在原業平朝臣(ありわらのなりひらのあそん)

(上)
ちはやぶる 神代もきかず 竜田川

(下)
からくれなゐに 水くくるとは

菅家(かんけ)

(上)
このたびは 幣もとりあえず 手向山

(下)
紅葉の錦 神のまにまに

持統天皇(じとうてんのう)

(上)
春すぎて 夏来にけらし 白たへの

(下)
衣ほすてふ 天のかぐ山

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

(上)
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の

(下)
ながながし夜を ひとりかも寝む

和泉式部(いずみしきぶ)

(上)
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

(下)
今ひとたびの 逢ふこともがな